4.5御殿型煮物椀 金箔蔦 sr-054 上質な水目桜を使用した高級割烹漆器です。
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/6

4.5御殿型煮物椀 金箔蔦 sr-054 上質な水目桜を使用した高級割烹漆器です。

残り1点

¥275,000 税込

送料についてはこちら

水目桜を厳選し、堅い材料で仕上げた高級な煮物椀です。 下地は本堅地にて見付けには麻布を塗り込み木地の強度を増しています。 塗り上げてからの保存期間も長く、漆の匂いも抜けていますのですぐにお使い頂けます。 蒔絵は本金箔を使用した蔦蒔絵です。葡萄は種子を沢山つける事から子孫繁栄の意味が込められた絵柄となります。 ※御殿型に洗朱の漆が映える豪華な煮物椀です。 ※販売価格は5客でのお値段です。 木・漆・手描き蒔絵(5客 木箱入) Φ13.5×7.3(※高さの表記は親の渕までです) <山中木製漆器の特色>  白木地を鉋と呼ばれる特殊な刃物で回転させながらくりぬく轆轤挽きに優れ、主に椀銘々皿、茶托などの丸物の製造を得意とします。特に棗などの茶道具の木地は全国の8割から9割を山中で挽いています。  山中の挽物を特徴づけている筋挽きは木地に鉋で挽目を施し、一種の意匠とするもので、糸目筋、ろくろ筋、びり筋、平みぞ筋、稲穂筋、柄筋など約五十種類あります。豊富な木地の材料に恵まれた山中塗は欅、桜、栃などの材料を大小様々な器物に用いて用途に応じて下地〜塗〜蒔絵の行程へと進み、美しい色つやの漆器が完成致します。 当然、ほとんどの制作行程が手作りな為、原木の乾燥から完成までに要する時間は長いもので1年以上かかります。